映画『ボヘミアン・ラプソディ』

伝説のバンド<QUEEN> その生き様が世界を変えた感動の物語。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観に行ってきました。

 

 

 

孤独な若者だったフレディが出会ったのは夢を追いかける後にバンドのメンバーたちでした。

 

 

 

個性的なメンバー達の挑戦により名曲が次々と生みだされていくことに。

 

 

ロックにオペラを導入した『ボヘミアンラプソディ』が生まれた。今までの概念を覆すことに!

 

 

 

数々のヒット曲により世界的大スターとなったクィーン。 成功の光に照らされる反面フレディに孤独の影が。

 

 

 

フレディがソロ活動を始め 解散の危機となったクイーン。 そんな中 1985年 ”ライブ・エイド”に出演する。

 

 

永遠に語り継がれるラスト21分。
フレディとメンバーの思いと真実がそこに・・・

 

 

 

 

 

最後のライブは感動のあまり大号泣でした。 フレディーの生き様の凄さはもちろんかもしれませんがメンバーや周りの人達の凄さ… も相まって。。

 

Queenは天才なんだと実感。今はずっとQueenを聴いてます。(SHOPで流してます 笑)

 

音楽が感動したのは勿論!!音楽だけでなくフレディ・マーキュリー自分自身に立ち向かう姿。 ホント全てに感動しました。色々と考えさせられる映画でした。
そして、もう1度観たくなる映画でした。

 

QUEEN世代の人にもそうでない人にも是非観てほしいと思います。

号泣しましたがとってもHAPPYな気分です!!